静岡県木造住宅耐震補強ITナビゲーション 耐震ナビ

携帯電話向けページ
ご意見・お問合せ
サイトマップ
 

静岡県ホーム 耐震ナビホーム 予想される東海地震 第4次被害想定

Google

 

平成25年12月27日 更新

 

ここから本文です。

予想される東海地震


第4次被害想定

 

 

 平成25年6月に発表された静岡県第4次地震被害想定では、これまで静岡県が地震被害想定の対象としてきた東海地震のように、発生頻度が比較的高く、発生すれば大きな被害をもたらす地震・津波を「レベル1の地震・津波」と位置付け、さらに東日本大震災から得られた教訓として、発生頻度は極めて低いが、発生すれば甚大な被害をもたらす、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの地震・津波を「レベル2の地震・津波」とし、二つのレベルの地震・津波を想定の対象とすることとしました。
 レベル1の被害想定では、最大で「地震動による建物全壊数」が約17万1千棟、「建物倒壊による死者数」が約5千5百人、レベル2の被害想定では、最大で「地震動による建物全壊数」が約19万1千棟、「建物倒壊による死者数」が約7千8百人と甚大な被害が想定されています。

  詳しくはこちらへ⇒危機管理部危機政策課

震度分布図(レベル1)


※震度7地域は、第3次地震被害想定の2.6倍、約344ku(面積率4.5%)

人的被害想定(レベル1)


資料提供:危機管理部

第3次地震被害想定との比較


※ 全壊=大破+中破の一部
※ レベル2は、基本ケース、陸側ケース、東側ケースの3ケースあり、最大値を示す


静岡県ホームページ
静岡県HPへ
  建築安全推進課
HPへ
 

ページのトップに戻る。