静岡県木造住宅耐震補強ITナビゲーション 耐震ナビ

携帯電話向けページ
ご意見・お問合せ
サイトマップ
 

静岡県ホーム 耐震ナビホーム 耐震診断・補強Q&A 耐震診断関係 Q2

Google

 

平成18年4月7日 更新

 

ここから本文です。

耐震診断・補強Q&A


耐震診断関係 Q2

 

 

昭和56年6月以降の住宅は安全ですか?


回答

 

 

阪神・淡路大震災では、6,400名を超える方が亡くなりましたが、その内の約8割は、昭和56年5月以前に建てられた旧耐震基準の住宅の倒壊等によるものでした。
一方、昭和56年6月以後の新耐震基準による木造住宅等には大きな被害は見られなかったことから、新耐震基準は適切な耐震性をもつとされています。
新耐震基準の住宅につきましても日ごろの備えは重要でありますので、適切な維持管理や家具の固定などの安全対策に努めてください。


静岡県ホームページ
静岡県HPへ
  建築安全推進課
HPへ
 

ページのトップに戻る。